2008年11月10日

野球は90%がバッティング

日本シリーズは「信頼」が最後のカギだったような7戦でしたね。

原監督が信頼していたのは、
上原投手でもなく、内海投手でもなく、クルーン投手でもなく、
今年の巨人のエース、
一番信頼していた投手は、
シーズンで一番活躍した、
越智投手だったという日本シリーズでしょう。



西武ラインオンズも信頼の塊のようなチームでした。

なぜ第六戦で岸を最後まで使ったのか?
最終回、クローザーのグラマンはいつでも行ける準備をしていました。

「グラマンも監督から信頼がないのかな?」

ところが第七戦は8回からグラマンを投入。
結果的に第六戦でグラマンが投げなかったことが、
優勝に近づけた要因といってもいいでしょう。





『野球は80%、90%がピッチャーで決まる』


よく言われる言葉ですが、

私は違った角度から物事を考えます^^


『野球は80〜90%の比率であるピッチャーを打てば勝てる』
という意味で考えています。






第七戦の巨人のヒット数は、たったの2本です。

打てないから負けた

抑えたから勝った

80〜90%は投げて勝つスポーツ
80〜90%は打って勝つスポーツ

同じ意味だと考えてます。




最後のバッターの後ろで出番を待っていた阿部選手。

延長戦覚悟でブルペンで誰を準備させていたのか。
上原を使う準備はもちろんなかったのでしょう。




選手を使い切れなかった原監督。

または、
星野監督が岩瀬選手を使いきれなかったように、
特定の選手にこだわりすぎるタイプの監督に見えました。

WBCでは誰と心中するつのりなのか?

ちょっと疑問が残る日本シリーズでした^^





PS
せっかくの日本シリーズ第七戦なのに、
テレビ放送もひどかった!

私の大嫌いな解説者
堀◎でした!^^


posted by metoo at 13:35| 千葉 ☁| Comment(23) | TrackBack(2) | 日記 | 更新情報をチェックする