2008年09月14日

夢と現実

野茂投手の引退

桑田投手の引退


野球少年達に大きな「夢」を与えてくれました。

もちろん今後も子供達にとっては憧れの存在として、
「夢」は続いてくでしょう。



社会人野球から、メジャー入りを希望している、

田沢投手

日本プロ野球を飛び越してメジャーに挑戦!
カッコイイじゃないですか!
ぜひ「夢」をかなえて欲しい!


子供達の「夢」は、

今、プロ野球選手よりも

メジャーリーガーです。


高校野球を卒業して、即メジャーリーガーへ!

こんな時代もいつか来るかもしれませんね。



田沢選手の「現実」として

メジャーに渡り、

ボロボロに打ちのめされて、

日本プロ野球に戻ってきて、

さらにFAを取得して、

メジャーに再び挑戦。


たとえ田沢選手がメジャーで通用しなかったとしても、

桑田投手、野茂投手のように、

「夢」をあきらめない選手でいて欲しいと思います。





「夢」をかなえて

「現実」に引きもどされ

それでも「夢」を追い続けてる選手が、

韓国にいます。


高津臣吾投手


ウリ・ヒーローズのクローザーとして、
推定年棒1300万円になっても

「夢」を追い続けて、投げ続けています。




子供達に「夢」を与え続けてくれている選手達。


海外で活躍するだけが「夢」なのか。

日本プロ野球を「現実」と呼ぶのか。


そうではないと思いますが、

でっかい「夢」ほどカッコイイ!

あきらめない「夢」がカッコイイ!



男から見ても

カッコイイ男に成長してもらいたいですね!






ちなみに

私の小さい頃の「夢」は

「天皇陛下」になる事でした・・・


posted by metoo at 13:50| 千葉 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする