2008年09月08日

ネタ探し

08090801.jpg
走者二塁から、センターの左へ前ヒット


08090802.jpg
二塁走者は楽々ホームイン。
センターからバックフォームを見て、
打者走者は二塁へ。


08090803.jpg
キャッチャーの二塁への送球が大きくそれて、
打者走者までホームイン。


最近、子供達とのミーティングをする時の、
「ネタ探し」と言う目で野球を見るようにしています。


今年甲子園に出た高校の練習試合を見に行った時、
その高校の野球部員と話をする機会がありました。

「今日ボク、走塁のネタ探しなんですよ〜〜〜」

「試合後のミーティングで、走塁についての議題を見つけなければいけないんです」

よく試合後のミーティングと言えば、
監督が今日の反省をみつけ、今後の課題として話をする姿を見かけます。

この甲子園出場チームは、
監督さんが子供達に反省材料、もしくは新しい発見を見つけさせます。


上に書いた図もそうですが、
「キャッチャーからの送球は、ライトとレフトもバックアップできるかな?」
子供達でも見つけやすい試合中の「ネタ」反省材料だと思います。




城島選手が先日こんなコメントをしてました。

城島、三盗阻止に誇らしげ「初めてのプレー」

三回一死一、二塁。
二塁を狙う一塁走者を刺すサインだったそうだが、一塁走者はスタートを切らない。ここで機転を利かせたベルトレが三塁カバーに入り、サイズモアの盗塁を阻止した。


前もってミーティングで、
一二塁のダブルスティールで、
足の速い二塁走者を三塁で刺すのではなく、
足の遅い、スタートの遅れる一塁走者を二塁で刺すサインも決めていた。
と言うコメントだと思います。


例えば
私はキャッチャーをしていた時、
ランナー一塁で右打者のアウトコース低めのショートバウンド。
このショートバウンドを逆シングルですくって、
1歩だけ多く飛び出した一塁走者をアウトにしたい!
絶好のチャンスなのに、、、
一塁手も気が付いてくれていないし、
ライトも一塁のバックアップに一歩も動いてくれていない。

こんな事がミーティングの材料になりました。


例えば
少年野球でも高校野球でもホームのクロスプレーを見ていると、
みんなキャッチャーマスクを脱ぎ捨てています。

間違ってランナーが突進して来て激突したら?

メジャーリーガーのように、キャッチャーマスクでキャッチャーヘルメットを押さえていた方が安全かもしれません。

こんな「ネタ」も落ちています。


例えば
『江夏の21球』

スクイズでキャッチャーがウエストの構えをした時、
カーブの握りだったらどうしよう?
そのままカーブの握りでウエストボールを練習したことがあるだろうか?

中学生なら、もうここまで嗅ぎ付けてもいいでしょう。







先日、オリンピック女子ソフトボールの金メダルと振り返るNHKの番組を見ましたが、

決勝戦でホームランを打った場面

ベンチからみんなの声が

「上!!!」と叫んでいました。

先発左投手のライズボール「上」とチェンジアップ「下」
一塁ベンチからクセを見抜いて打者に伝えていたんですね。




グランドに落ちてる

たくさんの『ネタ』

たまには探しに行きたいけど

なかなかグランドに立てないなぁ〜^^

posted by metoo at 22:51| 千葉 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする