2008年09月05日

振り終わりは振り始め

夏休みにこんな練習をしてみました。

これはある中学硬式チームの試合を見て、

「あっ!」と気が付かされたことです。


バッターボックスに入る前に一度素振りをしてました。

右利きだったら右打ちの素振りをしてから、

そのまま、右打ちの振り終わりから、

左打ちの素振りをします。

何かを確認しているようでした。


私の予想では、

* トップの位置を確認している姿
* 体の軸を確認している姿

これをチーム全員が徹底しているようでした。




具体的に調べてみたくなり、
少年野球チームの合宿で試してみました。


08090501.jpg

両サイドにネットを置き、横から投げるティーバッティングをしました。

両手にボールを持って、
最初は右手でトスをあげて、
すぐに左手でトスをあげます。


08090502.jpg

右で打って、そのままの手で、すぐに左で打つと、

バットの軌道が確認できます。

きれいな左右対称の子もいれば、

バラバラな8の字を描く子もいました。




振り始める位置



振り終わる位置



何となくですが、
確かでないかも知れませんが、

似たような位置に思えてきました。


これはゴルフでも同じのような気がします。
(間違っていたらゴメンナサイ)



また下半身の動き、

膝の使い方
腰の回し方

右が出来なくても、左が出来たり、
左をやってみて、右がわかったり、


野球は、投げたり打ったり

左右対称の動かし方ではないので、

体にはあまりよくない、ゆがみが起こりやすいスポーツでしょう。



右で素振りをしたら、そのまま左の素振りを付け加える。


体のバランスにもいいし、

トップも決まりやすくなるし、
体の軸回転を意識しながらの、体重の移動などもわかりやすいでしょう。


しばらく息子で試してみようと思います。


posted by metoo at 13:43| 千葉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 打つ | 更新情報をチェックする