2008年07月04日

ただになれない人間のわたし

「花には人間のようなかけひきがないからいい、

  ただ咲いて、ただ散ってゆくからいい、

   ただになれない人間のわたし」
       
          相田みつを


我が家は相田みつをさんのカレンダーです。


「ただ」じゃだめなんですよね、ただじゃ・・・



昔、日米野球が開催された時に、こんな記事がありました。

試合前に外野でダッシュをしていたバリーボンズ選手。
ところが、急に止まって、逆方向へ戻るようなダッシュをしました。

私が東京ドームへ見に行った時には、
ロジャークレメンス投手が、外野で遠投をしてたのですが、
足を開いてステイショナリーの体制から、一度、両手を地面につけて四股のようなストレッチをしてから、軽く飛び跳ねてワンステップで遠投を繰り返してました。

ただの遠投じゃなくて
ただのダッシュじゃなくて、
何かを考えて練習してるんだなぁ、と感心しました。




ただ「考えろ!」と子供達に押し込んでも、、、

子供達には伝わりません。


昨日のブログ

白井一幸さんのブログを読むと、

「考えさせる」には、「質問」を投げかけてみる、とあります。


相田みつをさんのキーワード「かけひき」と似てると感じました。



子供達に「質問」を投げかけてみる



子供達との「かけひき」を始めて見る



「考える野球」から「考えさせる野球」へ




ある右打者の子供の打球を見ていると、

引っ張った打球は サードゴロが多い
流した打球は セカンドフライが多い

「なんでなんだろうね?明日までに考えておいで?(笑)」

原因はわかっていても、

あえて、いじわるな質問を投げかけてみる。

「さぁ悩め!少年よ!」
「もがき苦しめ!わからなければ「仲間」に聞け!」
「ただの花になるな!ただの人間になるな!」

「考えさせる野球」の始まりだ〜!^^
posted by metoo at 20:39| 千葉 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | コーチング | 更新情報をチェックする