2008年05月23日

3つのゴロパターン

080520.jpg

例えばサードゴロ

数え切れないほどのゴロの種類があるように思いますが、

実際は3パターンくらいに分けられると思います。

特に少年野球は塁間が短いので、
「バウンドを読む」
ゴロにも法則が見つけやすいと考えています。



ノッカーに近い所から

◎緑のバウンド
目線より高いバウンド

◎青いバウンド
目線までのバウンド

◎赤いバウンド
目線より低いバウンド


ノックを打つ強さを一定にしてあげて、
バウンドを真横から見る練習もいいでしょう。


「守備練習するぞ!次はノックだ!」

これでは

今日何を覚えて欲しいのか?

今日から何を上手くなって欲しいのか?

子供達に無造作にノックをしていては、
上達までの時間がかかります。


今日はグローブ側のゴロだけを上手くなろう!

今日は目線より低いゴロを上手くなろう!

同じバウンドを50本100本打ってあげれば、
驚くほど上達が感じられます。



残された時間には、限りがあります。


バッティングと同じように、

ゴロの捕球にもイメージ作りが大切です。


このゴロは、目線より高いからあのパターンだ!


3つのゴロ捕球パターンを、
3つのイメージを作ってあげれば、
3つの足運びがクセになれば、

そこからの進化が生まれやすくなるでしょう。





「守備にはスランプがない」
よく耳にする言葉ですが、

私は守備にもスランプがあると思っています。


それは

白土と黒土、土によって全くバウンドが違うからです。
(グランドの乾き方にも影響がありますが)


学校の白土でのイメージは、
きれいな黒土グランドでのイメージと全く違うでしょう。


土をえぐってくるようなバウンドが黒土

土に跳ね返ってくるバウンドが白土

弾み方が異なるので、両方のグランドを練習した方が良いでしょう。


次の試合は 黒土ですか?白土ですか?

ホームグランドでしたら、
守備のスランプは言い訳です^^

posted by metoo at 20:40| 千葉 | Comment(9) | TrackBack(0) | 守る | 更新情報をチェックする