2008年05月17日

1点

子供達の試合を見ていると、

強いチームが勝つ。

上手いチームが勝つ。

2種類あるように見えます。


「勝った」のか「勝たせた」のか?

「子供が勝った」のが強いチーム。

「子供を勝たせた」のが上手いチーム。


しかし、
「勝ち」はあくまでも「勝ち」
その試合までに、
練習で積み上げてきた「価値」とも言えるでしょう。



みんなで掴み取った1点
ホームランでとった1点
相手のミスでもらった1点

同じ1点でも、どの1点をつかみに行くのか?


どの1点をとった時、ベンチみんなで喜び合えるのか?

ここはガツーン!とホームランを狙っていいケース

ここはつないで次のバッターに願いを託すケース


「1点」を選んでいるようでは「勝ち」は遠いでしょう。


野球は

「勝つ1点」と「勝たせたいベンチからの1点」

2つが組み合わさって、

強い=ホームラン

上手い=小技

「強い」と「上手い」が

両方なければ、

両方を楽しんでもいいのかもしれない



それが本当の野球の楽しさなのかなぁ〜


9人にホームランを打ってもらいたい!

必ず9人に

ホームランを狙っていいケースは、

平等にやってくる。

4番打者にだけ、二死満塁が回ってくるスポーツではない。





子供達が公園で野球をして遊ぶ時は、

知恵を使ってバスターやセーフティーバントなど楽しんでいるのに、

大人が絡むと

「子供はホームランじゃ!」

「野球はホームランじゃ!」となってしまうのは、

大人のエゴなのかもしれない。

でも親は

チームの「勝ち」もそうだけど

息子のホームランが嬉しい^^




あ〜オレはどんなチームを作りたいんだろ〜

なんだか自分でも

何を書いてるんだか分からなくなってきたので、

帰って寝ることにします。




それでは皆さん









良いお年を・・・




じゃなくて

良い週末を(^0^)/
posted by metoo at 00:04| 千葉 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする