2008年04月22日

低学年の試合時間

埼玉の高校が0-66で試合放棄した。
青森の高校は0-122で試合放棄しなかったが、
これをネタに出版している。

まぁ そんな事はどうでもいいとして、、、


こちらの地域の低学年チーム試合時間は、
1時間15分、もしくは5回まで、
試合の成立は、3回と決まっています。

しかし、年に何試合かは

2時間を越える、0−20や0−30くらいの試合があるそうです。

ストライクが入らず、
内野ゴロに打ち取ってもアウトにならず、
エラーの連続、泣き出してしまう子もたくさんいます。

低学年の投球数は、イニングだけで制限されており、
3回(9アウト)まで一人で投げれます。

しかし、1イニングで
100球を超えてしまうケースもあるでしょう。



子供達が「試合がしたい!」
この気持ちでしたら、練習試合でもいいはずです。

「大会に出たい!」という気持ちがあるのならば、
しっかり大会のルールを守らなければいけません。

この大会のルールを見直したらどうか?という意見が出ています。

現在は「3回15点差コールド」のルールがあります。
試合開始から2時間が過ぎても、まだ2回・・・
2回が終わって30点差があってもコールドゲームになりません。

「2回◎◎点差コールド」
「4年生以下投手の投球数は、一日に50球まで」

など、低学年子供達の安全を守るルールを、
大人が付け加えてあげた方が良いのでしょうか?


たくさん試合をさせてあげたい
たくさん打席に立たせてあげたい
たくさん経験をつんでもらいたい

本来の目的とは、少し離れてしまいますが、

皆さんの地域では、どのような対策があるのでしょうか?
何かいいアイデアがありましたら教えてくださいm(__)m


posted by metoo at 23:08| 千葉 | Comment(15) | TrackBack(0) | コーチング | 更新情報をチェックする