2007年11月27日

子供のスポーツ権利章典

ある方に誘われて、早朝野球をしてきました。

12年ぶりに、大人の野球、自分の野球をしてきました。

6年間教える側の人間でしたが、
プレーをする側に戻ってみると、とても新鮮でした。

バッターボックスに立ち、1球1球に食らいつく興奮。

守備について、いつ打球が飛んでくるかもしれない緊張感。

あっと言う間に、1試合が終了してしまいました。


草野球と言っても、大人対大人の真剣勝負です。
少年野球のベンチにいる時よりも、ものすごく集中できました。



ひさしぶりに自分でプレーをしてみて、
子供達にはどんな事を指導すべきか?

プレーをしてみて気が付く事がたくさんありました。

また、子供達に教えてきた事が、子供にとっては難しすぎる事もたくさあり、反省する点もたくさん気が付きました。


一番よくわかったのは

『野球はプレーするのが一番楽しい!』

これは指導者からプレーヤーに戻りたい、の意味ではなく、

『指導者は、プレーする子供をもっと楽しませなければいけない!』

と言う意味です。





ojinstarさんのHPに掲載されていた
「子供のスポーツ権利章典」を思い出しました。

(ご本人の許可なく転載して申し訳ありません)


1. 能力のいかんに関わらず、スポーツに参加する権利

2. 子供の発達段階に適したレベルの競技会に出場する権利

3. 適正な大人の指導を受ける権利

4. 安全で、健康な環境でスポーツをする権利

5. 子供がリーダーシップや自主性を発揮する権利

6. 大人としてではなく、子供としてプレーする権利

7. スポーツ参加のためにふさわしい準備をする権利

8. 成功のために平等な機会が与えられる権利

9. 尊厳をもって扱われる権利

10. スポーツを楽しんでする権利





大人と子供が関わりあう少年野球。

12年ぶりに野球をプレーしてみて

今一度、考え直そうと思った一日でした。





posted by metoo at 23:30| 千葉 | Comment(14) | TrackBack(0) | コーチング | 更新情報をチェックする