2007年11月22日

斉藤君とダルビッシュ投手

1109.jpg

ダルビッシュ投手には、
自分をチェックする点が数箇所、
さらに、その日の調子に合わせて投げる投球フォームが、いくつかあるそうです。言われてみると、ランナーがいないのにセットポジションで投げているのをよく見かけました。

ダルビッシュ投手のチェックポイントの一つが

「首を投げる方の肩に倒しすぎない事」

あきらかに、斉藤君とは首の傾き方が違っています。

よく見ると、斉藤君って首が太いです。
投げる時には、勢いよく首を振るタイプの投手に見えます。

ダルビッシュ投手は、キャッチャーミットを正面から見ようとして投げるようなタイプに見えます。


本当に上なのか?2007/02/20

こちらでも書きましたが、

112201.jpg

* 首の傾き
* あごの向き

斉藤君(左) ダルビッシュ投手(右)
比べると正反対のように見えます。

ダルビッシュ投手は高校二年生の時から、肩痛で悩んでいたそうです。

プロに入ってからも、肩が痛くなる投げ方、痛くならない投げ方を、とても研究しているように思います。


首の傾く方向で、肩痛になりやすいのか?

 肩を痛がって投げている子
 ひじを痛がって投げてる子

もし見かけたら、どちらに首を傾けているのか?
これからも気にして見るようにしようと思います。



112202.jpg

また、
あごを突き出すようにして投げる子。
あごをぐっと引いて投げる子。

このあたりにも、何かのヒントがあるかもしれません。


私も自分で実験しましたが、
リラックスして投げよう!と思うとあごが突き出ます。
なぜだかはわかりませんが^^

posted by metoo at 19:30| 千葉 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 投げる | 更新情報をチェックする