2007年11月07日

ボールへカカトから入る

110701.jpg

昨日のステップのつづきです。

では、どうしたらステップが大きくなり、次の投げる動作へ大きな体重移動ができるのか?

私は音でリズムを覚えてもらうようにしています。

1026.jpg

@ABCを 『タン タン!(捕る) タ タ』

白線ラダーでも書きましたが、

ボールを捕る左手
ボールに入る左足(右利き)

この左足の着地を カカトから入る と次の動作へスムーズにつなげられると思ってます。

スポーツセンター廿日市の店長さんもコメントで仰っています。
Skyboys広報さんもリズムが大切と仰っています。

サードゴロを捕ってファーストへ送球。
約25mの送球だとすると、
リズムよくボールに入れて、
ステップがしっかり出来ている子と、
出来ていない子では、
送球距離は約1mくらい違ってくるでしょう。




子供達のエラーの原因を探すと

ボールのバウンドを予想できずに、
ボールへ入るタイミングをつかめず、
足が止まってしまったエラー

このパターンが多く見られます。

たとえエラーしても
「今のボールへの入り方は良かったよ!」
「今のバウンドはもう一歩前だったね!」
「今のイメージであってるよ!」

このバウンドはこの位置で捕れる!
この位置へ入ろう!

子供達のゴロ捕球に対する意思が感じられれば、
エラーを責めるわけにはいきません。


またボールを怖がってしまう子のエラーは

ボールを見る位置が高い
↓ ↑
バウンドを捕るイメージ、予想がない
↓ ↑
足が動かない

このパターンを考えると、
まず足のリズムからかなぁとも思います。


今日の五七五です。
『エラーする 元を探せば 指導のエラー』
失礼しましたm(__)m

posted by metoo at 00:22| 千葉 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 守る | 更新情報をチェックする