2007年10月29日

ピッチャーって何人?

新5年生チームの練習が始まりました。

6年生10が抜けると20名、1年生が2人いますで、
実質18人でレギュラーを競い合います。
(5年6人、4年7人、3年5人)

最高学年で2人
次の学年で1人

私は3人のピッチャーを作るようにしてきました。


試合が出来るスペースと、
ピッチング練習ができるスペースに分けて、
お借りしている学校を上手く使ってますが、

ピッチング練習のスペースが2箇所しかつくれず、
◎先発投手とキャッチャー
◎二番手投手と三番手投手
この4名を、ピッチング練習スペースで動かした方が、準備しやすい理由もあるからです。


なるべく多くの子にピッチング練習をしてもらいたいのですが、みんながピッチャーやりたい!だけではゲームになりません。

ある程度、ピッチャー候補を絞り込まないといけないのが現実です。



学童のルールでは「1試合に15アウトまで」と決められていますから、最低でも2人の投手リレーが必要です。


みなさんのチームでは、
ピッチャーを何人くらい準備しているのでしょうか?


ちなみに息子のシニアチームでは、
ピッチャーは1学年に2名と決めて、1年間別メニューで練習しています。
内野手はサインプレーやフォーメーションをしっかり練習したいので、内野組みには投手は入れず、投手は守備練習では外野組みで練習しているそうです。


posted by metoo at 17:17| 千葉 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 教えてください | 更新情報をチェックする