2007年09月25日

手紙

070925_1603~0001.jpg

◎◎かんとくお元気ですか。
ぼくは元気です。
ぼくは今、べん強をがんばっています。
休みの日は、お父さんと自てん車に乗ったりしています。
母ちゃんに、かんとくがさみしがっていると聞きましたが本当ですか。
今度、練習を見に行きます。おへんじまってます。
ではさようなら。


昨夜ポストに手紙が入っていました。
8月になってチームを辞めた三年生の子からでした。

どうやら学校で「お世話になった人へ手紙を書く」授業があったそうです。


7月から8月にかけて夏休み、最後の9月秋季大会にむけて、高学年チームは六年生、低学年チームは四年生を中心に強化練習をしていました。三年生は試合にもあまり出られず、この子にもあまり声をかけられませんでした。

「練習はもつまらない。試合はもっとつまらない。」

三年生に対してこのような時期があったことを、
チーム全体を見れなかったことを反省しました。

「もう一度 野球をやりたい」

チームに戻りたい気持ちが伝わってきます。

嬉しい、とても嬉しい手紙なのですが・・・



私自身は、
自分自身の生活を見直そうと、
11月からは少年野球から離れようと思っていました。

私が少年野球に関わる事で、妻に大きな迷惑をかけてしまっています。
妻は中学最終学年のkohの試合を見に行きたい、今はお茶当番は月に2から3回出ていますが、配車当番がシニアチームから回ってきても、私が少年野球に関わっていることを理由に、他の家庭へお願いしている情況です。私が少年野球から離れれば、妻は毎週土日、自由に息子の応援に行けます。
来年はこの選択が、家族の為にいいだろうと考えていました。



ただ昨夜 この手紙を見てから・・・

「いつでもグランドで待ってるよ!」

とは返事が書けない心境です。
posted by metoo at 16:46| 千葉 ☁| Comment(26) | TrackBack(0) | 低学年監督日記 | 更新情報をチェックする