2007年07月31日

一塁ベースカバー

073101.jpg

セカンドが一塁ベースカバー
(セカンドは打者走者とぶつかると危険なので、
  ファールグランドに出ないように)


073102.jpg

ピッチャーが一塁ベースカバー
(ピッチャーは打者走者とぶつかると危険なので、
  ファールグランドへ出ないように)


この2種類の一塁ベースカバーを教えるのが難しい。
『あっ!』と驚くライトのベースカバーも低学年では良く見かける^^



ピッチャー、セカンド、ファーストの三角形への打球
3人セットで共通の考えを持たなければいけない。

まずピッチャーから見ると
自分の左に打球が飛んだら・・・全て一塁ベースカバー

ファーストから見ると
自分が前に出たら・・・セカンドカバーへ送球
自分が後に下がったら・・・ピッチャーカバーへ送球

セカンドから見ると
ファーストが前に出てベースが空いたら・・・自分がベースカバー


言葉にして考えてみると、
ファーストが基準になってるように見える。



次にどんな時にエラーが出てしまうのか?

NO GOODを先に教えてみてはどうだろう?

073103.jpg

エラーが多いのは、
「走りながら、後から来るボールを捕る時」
投げる人も難しいし、受ける人も難しい。


「ボールを前を向いて受けやすい人がカバーに入る」
こんな言葉で、あの3人達はわかってくれるかなぁ〜
2年間練習すれば覚えてくれるでしょ^^
posted by metoo at 21:25| 千葉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 守る | 更新情報をチェックする