2007年06月20日

もしも宇宙で野球をしたら・・・

062001.jpg

もしも宇宙で野球をしたら、
打つのも、投げるのも一苦労だろう。

下半身が踏ん張れず、体重移動もできず、
その場で「エイッ!」としか動けないだろう。

下半身の回転を上半身が打ち消してしまう。
きっとこれも『慣性の法則』だと思う^^


062002.jpg

投げる時は、踏み出した自由な足が地球をしっかりと支える。
軸足の体重移動からの下半身の回転、上半身への回転も、
地球をしっかりと、釘で指したように支えていなければできない。


062003.jpg

打つ時も同じように、
踏み込んだ足が地球をしっかりと支えている。



地球を支える足と、
体を回転させようとする足。


二本の足の役目を、切り分けて考えると簡単かもしれない。

軸足(後の足)を回せば、股関節が回り、上半身、肩が回る。

つまり軸足は体を回転させる役割。
それを自由な足は支える役割。

ココを回すとココが回る

なんだか、
 夏休みに作る工作のイメージが沸いて来た。

   また、なんか作るのかよ!!!^^
posted by metoo at 20:09| 千葉 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | コーチング | 更新情報をチェックする