2007年06月12日

たまには、ゆっくり振ってみる

yosi01.jpg
巨人の高橋由信選手の練習風景を、よくテレビで見かけます。

0612.jpg

足を大きく開いて、腰をずっしり沈めて、
まるで相撲の立会いのような下半身の姿勢から、
ゆっくりと体の軸を感じながらバットを振っていました。
振り終わった後も、ゆっくりと構えた位置までバットを戻します。

「何の練習なんだろう?」

考えるより、

「やってみればわかるだろう!」

と思いやってみました。


私が感じたのは、お腹の使い方でした。

061202.jpg

1左広背筋→左斜腹筋→2腹直金→右斜腹筋→3右広背筋

下半身から伝えられた"力”のようなものが、
体を、お腹回りを一周するのが感じられました。

「これが軸の動きかぁ〜」

10回もやると、腹筋が効いてきました^^

「振り終わりが安定するなぁ〜」

バットを振り終わった後が、1つにまとまる感覚もしました。



高橋由信選手は、マスコットバットに鉄の重りまでつけて、重たそうなバットでコレを何度も何度も繰り返し、おまけにティーバッティングまでしていました。

「そりゃあんた!腰を痛めるよ!」

と、声をかけたくなるくらいきつかったです^^
よい子のみんなは、手首とかも傷めそうだからあまりマネをしないようにね!



20040221ie04-1-Z20040221125704361L.jpg

テニスラケットで"面"を意識して打つ練習でしょうか。
工夫すれば、いろんな練習方法がみつかりますね^^
posted by metoo at 19:00| 千葉 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 打つ | 更新情報をチェックする