2006年12月26日

バントプレス

puresu01.jpg
無死一塁、無死一二塁。送りバントが予想されたケースで、図のように守備位置を極端に変えてくるチームと遭遇した事があります。
これが良いのか悪いのか?私には答えられませんが、まずは自分達でゾーンプレスをマネしてやって見て、そこから何かヒントをつかむのも、いい経験になるでしょう。

バントが予想される時、
得点差やイニング、バッターの特徴などが考えられます。

2年前「巨人軍の野球教室」のビデオを子供達と一緒に見て、プロ野球が、バント処理にどう対応してるのかを、皆で勉強しました。

「50%バントプレス」
打ってくるのかバントしてくるのか?どちらか解らない時は、
バントは2人で処理を想定して、確実に1アウトを狙います。

私達チームでは、2人プレス と呼ぶようにしました。

「100%バントプレス」
100%間違いなくバントしてくるだろう!
ベンチの指示で、
3人でバント処理を想定して、先の塁でフォースアウトを狙い、一塁でもアウト、ダブルプレーを狙います。
「守備でも攻撃に行く」2つのアウトを取りに行く、強気の守り、攻めの守りと言えるでしょう。

私達チームでは、3人プレス と呼ぶようにしました。

これを小学生の子供達に、今は出来なくてもいいから、
「高校や中学で教わるプレーだけど、やってみよう!」
「プロ野球の試合を見に行った時、試合の見方が変わるよ!」
セリーグは投手がバントするケースが多いですから、見ていて勉強になります。また中学高校野球からはダブルプレーが多くなります。内野ゴロゲッツーで、チャンスを失うならバントが多くなります。

もちろん、教えるのは5,6年の高学年チームです。子供達が野球が好きになり「もっと野球を知りたい!」と感じ始めたら、技術よりも先に知識を教えてみました。今は出来ない技術でも、知識さえあれば、そこから先は、自分達で考えてくれるでしょう。

「2人プレス」
puresu02.jpg
無死一塁は、投手とサードの2人で処理。
無死一二塁は、投手とファーストで処理。

狙えれば先の塁でアウトを狙う。

ピッチャーは投げた後、走り出す方向が違う事を覚える。

「3人プレス」
無死一塁
puresu04.jpg

・赤い矢印のファーストのダッシュから始まる。
(何かサインを決めて置く。右投手だったら三塁がサインを出しても良い)
・サード、ショート、セカンドがそれぞれダッシュ。
・サード、ピッチャー、ファーストの3人でバント処理。
・セカンドフォースアウトを必ず狙う。
・バントを見逃したら、キャッチャーから一塁ベースのセカンドへ送球。
・盗塁の場合はショートへ送球。
・キャッチャーは空いてしまった、三塁ベースへ走る。

無死一二塁
puresu03.jpg

・赤い矢印のショートのダッシュから始まる。
(何かサインを決めて置く。左投手だったら一塁がサインを出しても良い)
・サード、ファーストがそれぞれダッシュ。
・セカンドだけは、二塁ベースに入る振りをしてからダッシュ。
・サード、ピッチャー、ファーストの3人でバント処理。
・三塁ベースのショートでフォースアウトを必ず狙う。
・三塁のショートは、一塁ベースのセカンドへ送球して、ダブルプレーを狙う。
・バントを見逃したら、キャッチャーから二塁ベースのセンターへワンバウンドで送球もある。
・バントを見逃したら、次は同じ動きで、二塁牽制。一塁牽制もある。
・盗塁の場合はショートへ送球。

注意
バントのフライに、インフィールドフライ宣告はない。

打者があきらめて走っていなければ、
ワンバウンドで捕ってトリプルプレーを狙う。
満塁のケースも同様。
(故意落球とインフィールドフライの違いを教える)


5,6年生の野球大好きな子は、すぐに覚えてくれます。
好きな事は、覚えるのに、勉強は・・・^^



posted by metoo at 12:57| 千葉 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | 守る | 更新情報をチェックする