2006年12月19日

刀の振り方は刀が教えてくれる

「バガボンド」という宮本武蔵が主人公の漫画があります。

24巻の20ページくらいに
『刀が教えてくれる』

宮本武蔵が幼い頃、真剣を振って楽しみながら、

「刀の振り方は、刀が教えてくれる」

こんなセリフが書いてありました。

もちろん漫画ですから、受け止め方次第でしょうが、
私にとって衝撃的な、グサッ!と来るセリフでした。

バットのしなり2005/11/17

バスタオルバット2005/11/04

スポンジバット2005/10/14

バットの振り方を、今までいろいろ考えてみました。

刀には「理」にかなった振り方があるそうです。
道場に通い稽古を積んでいた時代の中で、宮本武蔵は自分で刀の振り方を考え「理」を見つけ出し
「刀が教えてくれる」
(もちろん漫画ですが)

私もバットには同じ事を感じ、バット以外のものをいろいろ子供達に振ってもらいみました。

1本の小枝を振っても、バットと同じように「理」があると思っています。

ついつい野球に置き換えてしまう私。。。

「バットの振り方は、バットが教えてくれる」のでは?

いつも同じバットばかりを振っていると解りませんが、全く違うもの、直径1cm長さ2mくらいの棒を振ってみたりすると、いつもと違うバットのヘッドを感じ、いつものバットがとても振りやすい事に気が付いたりします。

「バットスイングとは、ヘッドスイングなんだ」

バットを振るスピードではなく、バットのヘッドスピードを上げるコツがバットには隠れています。

一本の棒、一本の刀、一本のバット

バットの長さを、ヘッドの重さを活かした、バットのヘッドの振り方を感じとる事が、指導者として子供達に教えられない難しさです。


ゴルフのドライバーはバットよりも長いです。
プロ野球選手は、バットよりも長いドライバーを上手に使うコツを知っています。とんでもない飛距離をドライバーで打つことが、自然と見についているのでしょう。

いつものバットより、長いものを振ってみる。軽いものを振ってみる。短いものを振ってみる。

バットの振り方は、いろんな物を振ってみると、自然とヘッドの使い方が身につくのではないか?

今後も実験してみます。

もうちょっと踏み込むと

「少年野球は、少年が、子供達が教えてくれる」
また悩んでしまいそうなので、今夜はこの辺で^^


懐かしい写真を発見!
061212_1340~0001.jpg
6年生最後の打席2006/03/12
こんな事書いてますが、子供は難しい事を考えずフルスイングする事ですね^^
posted by metoo at 00:37| 千葉 ☁| Comment(23) | TrackBack(0) | 打つ | 更新情報をチェックする