2006年10月11日

小指2本入れ

中日ドラゴンズ2006年セリーグ優勝
おめでとうございます!


と言うことで、今回は中日の優勝に大きく貢献した、
外野手 英智選手の話題です。

先日ぶっ叩け〜!!さんからご紹介頂いた

「光る!スポーツ研究所」

ドラゴンズの英智選手から「打球を掴み易くする為にしている工夫は何でしょうか?」という問題。
正解は「グローブの小指のところに小指と薬指をいれる」で、こうすることでグローブが大きく開きポケットが深く使えてボールをしっかり掴めるとか。

nihonyubi.jpg

小指の箇所 → 小指と薬指
薬指の箇所 → 中指
中指の箇所 → 人差し指
人差し指の箇所 → からっぽ


私も昔、外野手や一塁手は「グローブに小指2本入れ」こういう使い方があると教わった記憶があります。

確かに「捕るだけでしたら」この使い方がいいかもしれません。

しかし「捕ってから投げる」を考えると疑問に思います。


今年、私達チームの小柄な女の子、握力が15kgくらいの小柄な男の子、2人が外野手用の大きなグラブを買ってもらいました。

グローブが大きすぎて、ボールが掴めないんです。
捕ると言うより、グローブに引っかかってる、状態です。

グローブの小指箇所に、小指と薬指を2本入れて見ると、確かに捕りやすく、掴みやすくなったようです。

しかし、これが今後の彼の為か?
などなど、いろいろ考えると悩んでしまいます。

手の平捕球に大切なグローブ、グローブの型作り、も解りますが、実際には、親は子供の好きな選手モデルのグローブを買ってあげてしまいます。


皆さんは「小指2本入れ」教えていますか?
posted by metoo at 14:05| 千葉 ☀| Comment(47) | TrackBack(0) | 手の平捕球 | 更新情報をチェックする