2006年02月17日

分解写真、連続写真の作り方

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【追記です】
2009/06/22 
ハイスピードカメラ FH20

現在はこのカメラで分解写真を撮影しています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



今もっているパソコンの性能で出来るかもしれない、
分解写真の作り方を考えてみました。

必要な条件は「動画が見れる」これだけで多分いける方法だと思います。

動画の種類には

QuickTime Player
Windows Media Player
Flash Player
Real Player

などがありますが、
Real Player 以外でしたら上手くできました。

必要なソフトは2つだけ。
ペイント と エクセル だけです。
これならパソコンに入っている方も多いと思います。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、プリントスクリーンという、
今モニターに移っている、画面全体をコピーするボタンを使います。
これを使えば簡単です^^

では実際にチャレンジしてみましょう!

@まずは動画を流して、写真にしたい箇所で一旦停止します。

Aここでキーボード右上にある PrtSc (プリントスクリーン)のボタンを押します。

Bペイントを開き、編集→貼り付け
ren001.jpg


CWindows Media Playerは画面が大きいので、もし画面からはみ出して作業しづらいようでしたら、
変形→伸縮と傾き を開いて、水平方向と垂直方向を50%くらいにして作業しやすくしましょう。
ren002.jpg

D左側の四角い 選択ボタン を押して、切り抜きたい箇所を選択します。
ren003.jpg

E選択した箇所を 編集→コピー して、エクセルを開いて、編集→貼り付け 貼り付けます。
ren004.jpg
ren005.jpg

Fまた動画に戻って、少しずつ進めて、PrtSc (プリントスクリーン)のボタンを押します。

この繰り返しです。

Gエクセルに貼り付けた写真を、拡大したり並び替えたりエクセルでできます。
ren006.jpg

Hエクセルで出来た物を、再び PrtSc (プリントスクリーン)でペイントに貼り付けて保存もできますし、エクセルでプリントアウトしてあげてもいいでしょう。
 
kohtest.bmp
できあがったkohの連続写真。
ここまでの作業で15分です。


ちょっと大変ですが、息子さん1人分でしたら。。。
頑張ってください!


動画専用ソフトなど買ってはもったいないですし、ビデオカメラに写真機能がついていれば、再生しながら静止画をコマ送りで撮影するなど、ビデオカメラ内で分解写真を作れて、メモリーカードでパソコンに送る事も出来るかもしれません。(私はやった事がないので未確認です)
今回はペイントとエクセルだけで無理やり考えて見ました。
他にもこんなやり方があるよ!などありましたら
皆さんで情報交換しましょう!


パソコンに動画を取り込める事ができれば?専用ソフトなどなくても気合と根性と手間ひまで、お子さんの連続写真をプレゼントできます。今週末にはビデオカメラをもって応援に出かけては?


できるだけご質問にはお答えしますので、お気軽にコメント下さい!
土日は少年野球から帰ってくると、気を失って倒れています^^
コメント遅れたらすみません。


追記です
Windows ムービーメーカー と言うソフトが無償でありました。

Windows ムービーメーカー 2.1 は、Windows XP Service Pack 2 (SP2) とともにダウンロードで入手することができます。
ren007.jpg
右向きの小さいボタンで、次のフレーム(Alt+→)でコマ送りしながら

ren008.jpg
右側のカメラボタンで、画像の撮影で1枚毎に保存していきます。


保存した画像をエクセルにでも貼り付けていけばできあがりです。





posted by metoo at 03:48| 千葉 ☔| Comment(43) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

右足で見る

seesaaが半日動かず、ブログがない生活を味わう事ができました。

と言う事で野球サイトめぐりをしていましたが、
やっぱり大切だなぁと思った事を残そうと思います。

みなさんご存知のSportsClickの中にある
大阪近鉄バッファローズ ベースボールクリニック
「第10回:守備・走塁編 走塁のワンポイント」

進塁するときは、打者のバットにボールが当たる瞬間、右足で着地するタイミングをとります。空振りなどのときにも右足で着地をして戻る習慣をつけると良いでしょう。

バッターが打った瞬間は右足は浮いている。
Movieを見る


r01.jpg
バッターがバットに当たる瞬間、
後ろから見た一塁ランナーは、こんなイメージだと思います。


私達チームのダッシュ練習はスキップを2回して
スキップ スキップ ゴー (シャッフル シャッフル ゴー) 
スキップを2回して3回目の右足でスタートを切る練習をしています。


ランナーの場合は大きくスキップはできません、
小さく前傾姿勢のスキップを
「シャッフル」と言い換えています。
(何かの本に出ていましたので^^)

ランナーの第二リードは

シャッフル シャッフル 右足で見る

キャッチャーのパスボールで1点を狙うには
次の塁を攻撃的に狙う走塁を心がけるには

   右足で見る

この言葉で伝えて行こうと思います。

posted by metoo at 01:01| 千葉 🌁| Comment(12) | TrackBack(1) | 走る | 更新情報をチェックする