2005年11月29日

ポイント前ってどこ?

asa.jpg
朝青龍関が見事7場所連続優勝
年間勝利数でも新記録を達成しました。
素晴らしい成績 おめでとうございます。

ヒントはお相撲さんの「はず押し」(相手の脇の下や脇腹を「Y」のような形(指の形)で、下から持ち上げて相手の腰を伸ばす)からきました。

お相撲さんは、どのように強く押しているのか?
こんな問題を子供達と一緒に考えてみました。

@へその向いている方向が、強く押せるのではないか?
Aそれも、ひじは外側からよりも、内側からのほうが、よりへそに近い位置からの方が押しが強いのではないか?

これはバッティングにも当てはまると思いました。
(1)へその向きがミートポイント
(2)ひじは内側からの方が、最短距離で押せる

これを打撃のポイントと考えて見ました。
smou01.jpg

強く押せる位置は、へその向きともいえるのではないでしょうか?
コースによっても、強く押せる位置が変わると思います。

smou02.jpg
この位置が子供達に多く見られます。
プロ選手にはできそうですが、子供達にはあまり良い結果が出ないように思えます。

なぜポイントが、へそより下がるのか考えてみました。
byo10.jpg
ピッチャーが投げてから打つまでを1.0秒とします。
0.5秒で直線的に、最短距離でスィングが出る子供は、0.5秒でボールを判断して打てます。
0.8秒で遠回りするスィングの子供は、やはり遅れてしまうケースが多く見えます。



お相撲さんのひじの使い方を考えると、

ひじを内側から使った方が

@へそ前のミートポイントで強く押せる

Aバットを素早くボールにぶつけられる

Bおまけに、バットのヘッドがしなり始める


ポイントが後ろなってるなぁと感じた子供達に

「へその前が強く押せるよ、
へそより後ろだと、強い打球は打てないんじゃないのかな?」

子供達に伝えやすい言葉かなぁ?
やっぱり、おち○ち○で打て!の方がいいかなぁ?


posted by metoo at 13:36| Comment(12) | TrackBack(0) | 打つ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。