2005年11月08日

間と間

子供達のバッティングフォーム分解写真をつくり、一緒に見せながら考える時期が来ました。(先月は投球フォーム)
試合シーズンに入るとあまり改造したくありませんので、今の時期から春の野球シーズンに向けて、子供達のバージョンアップして行こうと思います。

今回は、投手の分解写真と同様に、
打者の前足が着地した瞬間をテーマに考えて見ました。

1998年に日米野球で来日した3選手と清原選手の
前足が地面の着地までと
バットが振り出されるまでをチェックしてみます。
bonz.jpg
ボンズ選手

jiambi.jpg
ジアンビー選手

sosa.jpg
ソーサ選手

kiyoh.jpg
清原選手を左打に変換

ma01.jpg

前足が地面に着地する瞬間の4選手です。
「前足が着地する瞬間に上半身と下半身が逆の動き」
が感じられます。

上半身はまさにトップの位置へ

下半身はまさに体重を移動しようとする位置へ

この動きのタイミングを、最初の間「割れ(われ)」と呼んでいます。

言葉にすると、
前足が着地する瞬間に
   バットのトップが決まる。
   一番強く打てる位置にグリップを持って行く。
   まだ、肩にあごを乗せた状態で見ている。
   
前足が着地してから
   バットは動き出す。
   打ちに行く。

このような言葉の使い方を
子供達に応じて探していこうと思います。

しかし、子供達にはこの動きが難しいようです。
ピッチャーでも、バッターでも
前足着地の瞬間に、早く正面を向きたがります。
よく言われる、体が開く、肩が開くと同じ意味です。

ma02.jpg

最初の間「割れ」からバットを振りに行くのですが、
「打ちに行く瞬間に右手と左手に逆の動き」
が感じられます。

前の手は、バットを立てようと腕が伸びて見えます。
(腕の張り)

後ろの手は、ひじからバットを進めようとたたんで見えます。
(ひじ抜き)

この二つの動きの間が
バットのヘッドが遅れてくるように、
バットのヘッドを寝かさないように、
バットを縦に落とすように感じます。

ストレートなのかスローボールなのかを、反応する
上半身、下半身の間
100kmなのか95kmなのか、ほんの0.001秒を反応する
手首の間

小学生に教えるのは難しいかもしれませんが、
○つっこむ
○およぐ
○ひっかける
この3つの小学生に多く見られる症状を改善するには
もっと引き付けて、もっとためて、では無い気がします。

下半身と上半身が一緒にド−ンと打つ。
これでもタイミングがドンピシャで合えば、打てますし飛びます。

しかし、この2つの間がないと
スローボールでも、つまってしまってう事があります。
剛速球でも、およいでしまう事があります。

中学野球からは変化球が始まります。
速球に素早く反応し、力強く対応しながら、変化球に反応する「2つの間」を3月までの準備しようと思います。



posted by metoo at 01:49| Comment(22) | TrackBack(0) | 打つ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。