2005年11月03日

縦落とし

takahashi.jpg

最終試合を無事に終えて、kohと2人で次の目標、中学に向けてバッティングフォームを二人で話し合い修正に取り組みました。
問題点の最初は、バットの使い方です。

小学生は、ただバットを振って当たれば、ただ飛びます。
しかし、それは必ずしも、正しいとは言えないバットの使い方だったと思います。小学生は偶然でホームランが打てます。でも、小学生は、打て!振れ!飛ばせ!でいいんです。
しかし中学では、バットの使い方の意識を変えなければと思います。

「縦落とし」
初動負荷理論の小山裕史さんのバットコントロールの意識です。
縦落としの動画

5Mと重いのです。スミマセン
音声が途切れてます。スミマセン^^

軟球のゆるい球は、持ち上げて引き上げても打てます。
しかし、130kmを超える中学野球では、、、

下から引き上げて、バットをボールに乗せて持ち上げる力はまだありません。硬球、もしくはソフトボールを打てば解ります。
小学生の子供には、700g前後のバットを、ボールを乗せて下から持ち上げる力は。誰一人無いのはと思います。(トップから距離のある低目をたまたまはあります)

OBの中学生を目安に、握力を50kg、700gくらいのバットを、引き手でバットのヘッドが落ちないくらいに、支えるのに必要な握力と考えました。
kohの握力は現在48kgくらいまで力をつけてきましたので、そろそろ替える時期と思いました。

「縦落とし」の解説を私なりに考えました。
@ヘッドをボールに最短距離でぶつける技術。
 遠回りしないヘッドは、ぎりぎりまで変化球を見れる
Aポイントが体の中心にくる
 体の中心へそ、へそより後のポイントでは、お相撲さんも押せません。
Bバットは、ただの棒ではない
 バットは重心があり、芯がある

今週から、kohとバットの使い方を練習してます。
私なりの考えた打撃を書こうと思います。

私なり なのでお手和やらかに^^


posted by metoo at 00:07| Comment(14) | TrackBack(1) | 打つ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。