2005年10月25日

二塁牽制

私達のチームは1試合で6つのアウトを、二塁牽制でとられた事があります。毎年県大会に進む、とても牽制が上手なチームでした。

「やられたら、やってみる」

私の少年野球の心得です。やられた事をしっかり教えなければいけません。

今では1試合に1.2つは二塁牽制でアウトをとります。多い時で5個とりました。2塁を刺せる牽制は、相手の勢いを止めるビックチャンスと考えられるようになりました。

最初はプロ野球などを真似て、ショート,セカンドがサインを出すプレーをやりましたが、サインに時間がかかり過ぎて投球が落ち着かなくなりました。
いろいろ二塁牽制をやりましたが、
キャッチャーが出す5つの牽制に絞りました。

1:セカンド1発
2:ショート1発
3:かくれんぼ
4:センタートリック
5:振り出した足回り

捕手の内野外野へのサインを決めておきます。
(大きく解りやすいサイン)
捕手の「今だ!投げろ!」投手へのサインを決めておきます。
(小さい投手だけにわかるサイン)


1:セカンド1発
ショートがランナーの視界に、入った瞬間にセカンドが入る
捕手の「今だ!サイン」で投手は牽制
ランナーの視界は90度と仮定してます。
niken02.jpg

2:ショート1発
セカンドがランナーの視界に、入った瞬間にショートが入る
捕手の「今だ!サイン」で投手は牽制
niken01.jpg

3:かくれんぼ
これはセカンド1発,ショート1発を見せておくと効果があります。
@セカンド1発で入って牽制をもらいます。
Aこの時に、ショートはAの位置に隠れています。

Bセカンドが投手に返球してBへゆっくり移動
Cランナーが2.3歩リードした瞬間に
捕手は「今だ!サイン」で投手はAショートに牽制します。
この時セカンドはEへ移動

Dショートが投手に返球してDへ移動。
Eランナーが再び2.3歩リードしたら
捕手は「今だ!サイン」で投手はEのセカンドへ牽制。

これの繰り返しです。
niken03.jpg

4:センタートリック
かくれんぼまで見せておくと、センタートリックが良く効きます。

ショートのダッシュを合図に図の様に動きます。
捕手の「今だ!サインで」センターに牽制します。
niken04.jpg

少年野球の試合で多く見られるのは、
二塁ランナーがショートセカンドを気にして、
2.3歩目のリードで投手から目が離れる瞬間です。
そこを見つけたら、徹底的にアウトをとりに行きます。

5:振り出した足回り
もう一つ、振り出した足を二塁にまっすぐ出す牽制もありました。これも効きます。

皆さんの二塁牽制も教えてください!
posted by metoo at 00:27| Comment(10) | TrackBack(1) | コーチング | 更新情報をチェックする