2005年10月22日

正と負

kohに聞いたら、正の数、負の数はまだ習ってないらしい。
調べた所、中学1年で数学として習うらしい。

どうしてこんな大事なことを、小学生に教えないか。
小学1年生にでも教えたいくらいだ。
「よーし、俺が先に教えてやる!」
掛け算は小学2年で習っている。ならば!

-------------負の数---------------ゼロ---------------正の数---------------
-10,-9,-8,-7,-6,-5,-4,-3,-2,-1,0,+1,+2,+3,+4,+5,+6,+7,+8,+9,+10

キャッチボールを10球練習して「10」上手くなるけど
一生懸命がんばる気持ちが、「−2」では
「負の数」は負けの気持ち
10x−2=−20
だから上手くならないんだよ。
「正の数」正しい気持ち
「+5」の気持ちを持った子供は
10x+5=+50
こんなに上手くなるんだよ。

気持ち、考え方、を小学生に教えたいが、
算数と数学の違いだろうか、
なかなか上手く説明できません。

「無駄な1球は無い」
この言葉を教えたいだけなのに・・・

子供と一緒に楽しむ野球は、
 難しいから楽しいのかなぁ〜

  ソーセージ3本を輪切りにして
  塩コショウで炒めて、つまみにしながら  
  のどごし<生>(KIRIN)を飲みながら
  子供の気持ちに戻って考えています。
posted by metoo at 02:04| Comment(8) | TrackBack(1) | コーチング | 更新情報をチェックする