2005年10月21日

プレーオフから練習メニュー

s05.jpg
ロッテ対ソフトバンクの第5戦から、次の練習メニューを考えました。

初芝選手のサードゴロで、サードバティスタ選手とショート川崎選手がぶつかりました。
少年野球では、よく譲り合って「お見合い」する場面ですが、プロでもこういったプレーが見れたのは勉強になります。

「このプレーで、ファーストに投げやすいのは、
  サード、ショートどっちだっただろう?」

子供達と実験をしてみようと思います。
サードはファーストに「ながれ」で送球できます。
ショートは「ふんばり」ファーストへ送球します。
どちらが、捕ってから投げるまで素早くできるか?

子供達にはこうやって教えようと思います。

1位ながれ、2位ふんばり、3位きりかえし

この順番で考えると、サードが正しいと判断できるでしょう。

サードとショートの間にノックをして、
サードがとれなければ、もちろんショートがカバーします。

この時に、声の練習も付け加えようと思います。
打った打球に対して、他の守備位置の選手が
「サード!」
もしくは「ショート!」
声で指示を出すのも大切です。
間違ってもいいから、自分のポジションから声を出してみる。
レフトから、ファーストから、ピッチャーから、もちろんキャッチャーから、この打球スピードはショートなんだ、このボテボテはサードなんだ、自分の位置から判断するのも大切です。

フライは後ろに下がる選手より、前に走ってくる選手の方が捕りやすい。
などなど、子供達の中で、認識を1つにまとめて行こうと思います。


posted by metoo at 16:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 守る | 更新情報をチェックする