2005年10月07日

試合への入り方

試合開始まで1時間ある場合、前の試合が押していて20分で試合開始の場合。
監督の経験として何度も試合への入り方を失敗を繰り返しました。

試合への入り方で一番の失敗はあせる事でした。
アレもしておきたい、コレもしなければ、メンバー表はサインは先発投手は、時間が来てシートノックもグチャグチャして試合開始。

あせらない事、監督があせっては子供達に伝わり、
いい試合への入り方が出来ません。

一つの練習メニューをつくりました。
1日練習の日、午前の練習が終わりお昼ごはんを食べます。
午後の練習開始を試合前と仮定し、20分でアップを終わらせる練習です。

そこで昨日のブログブラジル体操が役に立ちます。
○ブラジル体操15分
○5分間キャッチボール
 (塁間の半分、塁間、塁間の2倍、を各10球)
ここまでを20分で終わらす練習をしました。
これで子供達はいつも同じスタイルで試合に入れます。


試合への入り方の決め事

@試合開始1時間前には会場到着。
 メンバー表の作成。
 食事を取る時は逆算して早めに到着して
 1時間前に食べ終える。

A試合開始まで時間が少ない時は必ず先行を取り
 投球練習の時間をつくる。
 この時は投手は9番に置いてあげる。
 ジャンケンで勝てば先行を常に取る。

Bサインはいつも通りを基本とする。
 変更がある場合は試合前に、試合中に確認を入れる。

Cシートノックはエラーをさせない。
外野を先に打つ
 バックセカン右手側(ライトゴロ)
 バックサード左手側
 バックホーム前
 ランダム内外野フライ5,6本
 (キャッチャーフライはこの時打つ)
 バックホーム前で外野上がり
 最後のライトのバックホームで内野ボール回し2周
内野ノック
 ファースト送球前にノック
 ファースト送球右手側にノック
 ゲッツー左手側にノック
 ノーアウト一塁送りバントの確認
  (捕手は3塁ベースカバーに走る)
 バックホームで上がり

注意
*内野ノックは全て同じバウンドで打つ
 シートノックは守備練習ではない、
 今日のグランドでバウンドリズムの確認を考える
*最後にキャッチャーフライを打たない
 失敗すると時間がなくなる。

D投手の交代は試合前に伝えておく。 
 先発投球数を70球と決める
 2番手は1回から準備しておく

大人達のチームワークを大切にして、子供達を試合前に疲れさせない、不安にさせない準備、気持ちよく試合に入れるようにする。

大人が試合の入り方を失敗すると
子供達にいい結果が出ませんね^^
 
 それでは3連休の試合頑張りましょう!
  雨ですが。。。

posted by metoo at 02:57| Comment(8) | TrackBack(1) | コーチング | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

ブラジル体操

up.jpg
私達チームのアップメニューです。

軽いジョギング5分
静的ストレッチ体操15分
ブラジル体操15分
ダッシュ(夏場冬場)

今回はアップメニューで役立っているブラジル体操を書き込みます。トレーニングメニューではなく、あくまでアップが目的です。トレーニングは別にしてます。

サッカー読売ヴェルディで発売している「fisico」というブラジル体操のCDの中から、自分で考え作り変え、子供達に解りやすいブラジル体操にしてます。

大きく3つの箇所を4種目、計12の体操を作りました。
上半身を(主に肩)4種目
下半身(太もも、ふくらはぎ)を4種目
体をひねる4種目

1つの体操を塁間にして、ダイヤモンドを3周と考えてください。

上半身
@スキップ手たたき
手を頭の上、背中で叩きながらスキップします
b01.jpg

Aサイドステップ
手を前から肩まで上げながらスキップします。
背中側に手が行かないように体の前で大きく振ります。
b02.jpg

Bサイドステップの向きを変えます。

Cわきわきステップ
あごの下に手の甲を置いてひじをゼロポジションまであげます。
ワキワキで向きを変えながらサイドステップします。
b04.jpg

下半身
D足上げ手叩き
太ももの後ろをのばします。
あげた足の下で手を叩きます。スキップとは違います。
b05.jpg

E横足上げ
太ももの内側をのばします。
スキップとは違い、イッチで大きく足をあげます。
b06.jpg

Fケツ叩きバック走
ハムストリングと太もも前側をのばします。
b07.jpg

G前前後後(まえまえうしろうしろ
股関節を揺すります。
右足前で右手、左足前で左手、右足後で右手、左足後で左手リズムよくやります。
b08.jpg

ひねる運動
Hキャリオカ
多分皆さんご存知かと思います。
b09.jpg

Iキャリオカの向き反対

J上半身ひねり
歩きながら1.2.3で足を上げた側に上半身をひねります。
b11.jpg

K下半身ひねり
歩きながら1.2.3でひねります。
左足前右足後で左手で右カカトをさわります。
この逆も繰り返します。
b12.jpg


ブラジル体操のもう一つの目的は
チームが1つにまとまる
誰一人勝手な行動を許さず、みんなで一つになる事を考えてます。
「前4」と言ったら4列に並ぶ
「前3」と言ったら3列、みんなの意思の統一が大切です。
画像の中ではイッチニと書いてありますが、
「イチ」
しか声を出しません。みんなで息を合わせて声を合わせます。

いろんな高校野球チームなども取り入れてるようです。
動きながらのストレッチ、動的ストレッチも大切だと感じます。
ブラジル体操は、時間短縮と効果的なアップだと思いました。

きれいにそろうと強そうなチームに見えます^^




posted by metoo at 21:31| Comment(7) | TrackBack(1) | コーチング | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

スイングサポート

swing.jpg
トレグッズです。
それもゴルフのトレグッズの紹介です。
写真では解りづらいですが、細い方がゴルフのグリップになっていて、寄りかかって太い方がヘッドの部分で、ゴムでグニャグニャしており、ヘッドの重みでクニャと曲がるようにできています。


インサイドアウトのスィングを以前考え、いろいろなお言葉と指導方法をブログの皆さんに教わりました。ありがとうございます。
しかしその後、やはり効果は伸びておらず考えていました。

どうしたらヘッドスピードが上がるのか、
アウトサイドインの子供は
ボールを打ち終わった後にヘッドスピードがあがります。
インサイドアウトの子供は
ボールに当たる瞬間に、最高のヘッドスピードが伝わります。

「ヘッドの重みを上手く使えたらなぁ〜」

何か伝わりやすい方法はないかと、いろいろアイデアを考えました。

バットを放り投げてのインサイドアウトを感じる練習は、やはり子供の棄権を考えて避けました。
その代りに

○タオルの先を結わいて
○水を巻くフォースを1m買ってきて、フォースの先を結わいて

この2つの代用品で、バット投げ、バトミントンの羽打ち、などを練習してみました。

なんとなくバットのヘッドの感覚が掴めて来たようです。
ヘッドが走る感覚は言葉では伝えることが難しく、
タオル結わいた重み、フォースを結わいた重み、
ちょっとした重みですが、ヘッドを感じたようです。

そこでゴルフ専門店にたしかグニャグニャヘッドのグッズがあったのでは?
見つけたのが今日のトレグッズです。
効果はまだ解りませんが、しばらく試してみようと思います。

お値段はなんと2520円!
お買い得度☆☆☆
期待度☆☆☆☆
効果?????
posted by metoo at 15:21| Comment(8) | TrackBack(1) | 買っちゃった^^ | 更新情報をチェックする