2016年08月27日

打てばスタンドに入るのがバッティング





150キロストレート
126キロ変化球
148キロストレート




ホームランは狙って打つものではなく

バットを振ればスタンドに入ってしまう。

バットの芯で打てばスタンドに入ってしまう。

ホームランなんか狙って打つ物でもなく

普通に打てばスタンドに入るもの。


そんな吉田正選手のスイングですね。



吉田正選手から真似したいのは


両足で打つ!




しかし、大学野球、高校野球
打てませんね( ゚Д゚)

高校のピッチャーがいい
大学のピッチャーがいい
と言えばそれまでですが、

それにしても

大学生が打てないって・・・( ゚Д゚)

ドラフトにかかる野手は???
今年は投手だけかな???

高校生は台湾でしっかり経験を積んできましょう!


posted by metoo at 23:19| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

工夫



2016年MLBオールスターの先発投手。

打たれない工夫って大事ですねヽ(^o^)丿


Johnny Cueto投手の動画

posted by metoo at 18:55| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

金属バットとインコース

インコース.jpg

インコースとアウトコース

ボールを引きつけられるのはアウトコースです。


カットボール、スライダー、ツーシーム

高速変化球が頭にあるから

インコースがつまる。


逆方向へ打つ意識があるから

インコースがつまる。



夏の甲子園を見ているとインコースをつまるシーンがたくさん見られました。

バッターはトレーニングをしてスイングが速くなり打球が速くなり

ピッチャーも球が速くなり変化球も多くなり

それでもインコースにつまる

金属バットでもつまる。

なぜつまるのか?






毎年この時期に始まるU18侍ジャパンの選手達は

木製バットに変わりどう対応するのか?


立ち位置に注目したいですね!


今年はabemaTVで観られますねヽ(^o^)丿



大学生でも木製でインコースつまりますね。

ヒットは打てますが

バットの芯の打球ではなく凡打のヒットばかりです。

ホームベースに近すぎじゃないかな。




G20140705008504350_view.jpg
posted by metoo at 18:18| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

こいつの未来を奪う

2016-08-26 13.40.18.jpg

負ける人は無駄な練習をする 水谷隼

リオオリンピック
男子卓球シングルスで銀メダル
団体で銅メダルを獲得した
水谷隼選手

テレビでのコメントもしっかりされてる方なので
どんな考えなのか購入してみようと思いました。

この本がかなり人気のようで、
注文してから届くまで10日間ほどかかりました(^_^;)


第1章 「試合で生きる練習」と「無駄な練習」
第2章 勝者になるためのメンタル
第3章 チャンピオンの異常性
第4章 勝つためにコーチに求めるもの
第5章 卓球は予測の集合体である
第6章 外へ飛び出す勇気
第7章 用具に妥協なし
第8章 負ける人は負けるパターンを持っている
第9章 追い込まれた時の戦い方


卓球のテクニックも少々ありましたが
内容はほぼメンタルについてです。


その中でも目にとまった一言


2016-08-26 17.10.24.jpg


「何が何でも勝ってやる
 ここで倒して こいつの未来を奪う」

 くらいに思える人が勝てる。
 勝敗を分けるのはそこの決意と執念の差だと思う

こんな気持ちで野球をしてる選手は一人もいないでしょうね。



リオオリンピック卓球を見ていて
卓球にカウンターという技術があるのを知りませんでした。
まるでボクシングのような戦い方に驚きながら観戦していました。
またスピードっていうのは足が速いという意味だけでなく
「予測」と「反応」
この二つが合わさった技術なんですね。



もう一つ面白いと感じたのは
4-1と7-4の次のポイントが大事だという話です。

5-1と4-2になるか
8-4ち7-5になるか

4ポイント差と2ポイント差

4ポイント差があれば思い切ったプレーができるが
2ポイント差だと余裕がなくなる。

野球で言うと2ボール1ストライクでしょうか。
3ボール1ストライクになるか
2ボール2ストライクになるか
やはりバッティングカウントと呼ばれる2ボール1ストライクには勝負がかかっているんですね。



201608261.JPG
最後にもう一つ。

コーチは「熱い応援者」ではなく
「冷静な分析者」でなければならない。

今相手はこのコースを狙ってきてる。
今相手はこのボールを狙ってきてる。

だからあそこへ打て!

しっかりと分析して次の指示を出せるコーチ。

また
「お前はこの練習をすればもっと強くなる!」
そうはっきり言えるコーチが大切だと書かれています。



中学二年からドイツに渡り世界を戦ってきた水谷選手。

日本の指導方法や練習にはかなり厳しい評価をしています。






今年のU18侍ジャパン
プライドがあるのでしょうか?
プライドが育つのでしょうか?



 ここで倒して こいつの未来を奪う 

日の丸を背負うなら
このくらいの気持ちで戦って欲しい!


posted by metoo at 17:52| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

心温まるプレゼント

ダルビッシュが韓国ファンに送った「心温まるプレゼント」が話題に




ナイス!ダルビッシュヽ(^o^)丿



posted by metoo at 14:41| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする