2019年02月21日

ボール→ベース→自分

5 つのキーポイント
@ 止まってみる
A 角度をとる
B ボールとプレイを常に自分の正面に
C 判定を急がない
D 待ち受ける

審判マニュアルなどを読んでいると5つのポイントをよく目にします。


その中の一つ

ボールとプレイを常に自分の正面に

ウォッチ ザ ボール
チェスト ザ ボール

いろいろ言い方もあるようですが
私は自分にこう言い聞かせて動くようにしてます。


ボール → ベース → 自分

chestball.jpg

この位置にいることでベース上で起こるプレイには対応しやすくなると考えています。

ボール → 自分 → ベース

もしボールとベースの間に自分がいてしまうと、自分の背中で起こるプレイは見えませんよね。



この考えがあることによって、一塁審判の動き、リミングとピポットの使い分けが説明しやすくなります。

19022101.jpg

三塁線への打球はリミングで

19022102.jpg

センター方向の打球はピポットで

ゴロで抜ける、ライナー、フライで飛ぶ打球などにもよるでしょうが、

ボール → ベース → 自分

このラインに入る意識があれと、ベース上で起こるプレイに背中を向けることがなくなります。


二塁審判、ライト線、レフト線への二塁打コースもそうですね。

19022103.jpg
ライト線への二塁打、二塁審判

19022104.jpg
レフト線への二塁打、二塁審判


他にも注意すべき点はいろいろとありますが、いい角度と距離が自然と捕りやすい動きをこれからも考えて探していこうと思います。

アドバイス、ご助言がありましたらよろしくお願い致します。





ボールじゃなくて審判さんの動きだけを追ってみましょう。
足が速そうな審判さんは一人もいませんが^^
いい位置(距離と角度)へ走り込んでますね。

posted by metoo at 18:57| 千葉 ☀| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

規則について考える



このプレーによってどんな規則を作らなければいけないのか?
作られた規則を選手にしっかり指導しなければいけませんね。



2月と言えば審判講習会です。

北風が体の芯までしみわたる中、今週は市の講習会、来週は県の講習会、来月は大人の講習会、しっかり学んで来ようと思います。



審判講習会でいつも感じるのは、審判だけが野球規則を学ぶのではなく、指導者も選手も勉強会などを開き野球の規則を学ばないと上の動画にあるようなケガが起こってしまいます。




なぜこの規則があるのか?
この規則はなんのためにあるのか?
どうしてこの規則を作らなければいけなかったのか?

調べていくと「曖昧」な部分がたくさん野球にはあることが気が付きます。


例えばストライクゾーンです。

定義74 STRIKE ZONE「ストライクゾーン」〈2.74〉− 
打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、膝頭の下部のラインを下限とする本塁上の空間をいう。
このストライクゾーンは打者が投球を打つための姿勢で決定されるべきである。


この打つための姿勢ですが2014年と2015年でストライクゾーンの図が入れ替わってます。

2014strike.jpg
2014年MLB 規則

2015strike.jpg
2015年MLB 規則


日本の規則書も同様です。

st-npb.jpg

2018str.jpg
2018年公認野球規則より

ある時期を境に、打つための姿勢の画像が入れ替わってます。

どちらが正しいか、新しい方が正しいストライクゾーンか、そう考えるのではなく、平林さんのストライクゾーンの解説を聞いてみましょう。



st00.jpg

st01.jpg

st02.jpg

100人球審がいたら、100通りストライクゾーンがある。

あの球審は低めが広い、この球審はアウトコースが広い

ストライクゾーンは審判員によって、連盟によって、地域によって、作り変えていい。

それが野球だと考えています。


「審判なんてAIにやらせておけばいいんだよ!」

いつかそうなる日がくるかもしれませんが、

野球の規則って曖昧な部分も楽しめるのではと最近思います。



相撲は足が出たか出なかったか。

テニスはボールがラインに触ったか触らなかったか。

野球は、ホームベースに触るのが先か、キャッチャーがタッチするのが先か、実際に両者とも触れているのか?そんなのスロービデオで見ても正確に分かるわけありませんよね。


曖昧を許せるか?絶対に許すことができないか。



もうちょっと、ほんわかして野球を楽しんでもいいのではないでしょうか^^






もちろんここまできっちりやらなければいけない・・・その先の話ですが。

posted by metoo at 19:13| 千葉 ☔| Comment(2) | 審判 | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

義務と趣味のバランス




「たぶん生徒たちは、明日の練習が休みだと言ったら大喜びする。でもドイツの子供たちは、今日はサッカーが出来ないなんて言われたら、みんながっかりして落ち込むよ。もしかすると日本は義務と趣味のバランスが悪いのかもしれない」

「トレーニングをして試合に勝つのも結果だけど、サッカーを好きになってもらうのも大切な結果だよ。僕は80人の部員全員を、しっかりと見たかった。プロになれる可能性のある子と同じように他の子も助けたかった」



・トレーニングをして試合に勝つのも結果
・サッカーを好きになってもらうのも大切な結果


どちらが義務でどちらが趣味なんだろう?

指導者として考えたら
サッカーを好きになってもらうのが義務であって、
大きな大会で優勝することが趣味なんじゃないだろうか。






明日は休養日だぞ〜!は選手ではなく広報さんの声なんだろうけど、

休養日を喜ぶのは義務だから仕事だからだよね。

趣味だったら「なんだよ明日は野球が楽しめないのかよ〜」ってなるよね。



私にとって野球とは何か?

野球は遊びです 2006年12月09日


何年たっても野球少年でいられるイチロー選手がうらやましくてたまらない。

20190208ci.jpg

野球が好きだから、遊びだから、趣味だから、いつまでも野球を続けたい。


野球が義務かぁ・・・

そう考えたことは一度もないなぁ・・・



posted by metoo at 17:29| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

エアロバーを買ってみた




ずっと気になっていたコレを買ってみました。

IMG_6976.jpg


カワセ KAWASE 鉄人倶楽部
IMC-40 [エアロバー]



左の肩がずっと痛くて、小指を上に向けて腕を上げると肩から上に上がりませんでした。

どこかのインナーが弱いのか分かりませんが、プルプル数分やってみると筋肉の中に刺激が入るイメージと、普段使わない筋肉がきりっとしてきてなかなかいい感じです。

本当はどんな効果があるのか分かりませんが、しばらく使ってみます。

0029602177.jpg

ダルビッシュ、軽めの調整=大リーグ

キャンプにも持ち込んでるようですね。

投球前のアップにもよさそうです。





へぇ〜、TMIへ工藤監督も足を運んでるんだ。



posted by metoo at 19:41| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

錯覚 vs 握力

t257-5.jpg

先日、握力について調べてみた理由は

「握力の強さは面のブレを防いでショットを安定させる」

テニス選手が握力を鍛える理由に、200km/hを超えるサーブがラケットの芯に当たらなかった時、ラケットの面のブレを最小限に防ぐからだとあったからです。


これは野球でも同じじゃないのか???


ということで野球に置き換えてみます。








Rapsodoデータ2.png

投手は、打者がストレートと錯覚するタイミングで動きだす変化球を、回転数、回転軸、スピードで割り出し、



スローモーションでボールの握りとリリースを照らし合わせる。

これをピッチデザインと呼ぶそうです。





【ピッチデザイン】

ここで曲がる変化球を投げたい

回転数、回転軸、スピード

ボールの握り・リリース

変化球をデザインする時代になった。






打者は、ストレートと思って振り出したギリギリのタイミングから動き出す変化球に対応しなければいけない。

完璧にバットのスィートスポット(芯)でとらえようとしても、自分の目の能力を超える変化に対応できずスィートスポットを外されてしまう。

ココからは私の仮説ですが、芯を外されても、握力?腕力?で無理矢理をバットのブレを防いでスタンドへ放り込もうとする。







ハーパー選手、吉田正尚選手

バットを折られてもスタンドへ。

バットの芯をずらされてもスタンドへ。


以上の理由から、野球選手に握力が求められる時が来たのではと考えました。
(バットが折れる原因はいろいろあるでしょうが)


バットの芯に当たれば握力など関係なく、軽く握っていてもボールは飛んでいくのでしょうが、一年で何回くらい完璧にバットの芯で打つことが出来るのか。

小さくボールを動かす投手をどう攻略するか?

錯覚には握力で対応してみては?ということでした。




珍しく日本人で前傾・前足で打つ選手が出てきましたね^^




やっぱり前足が回転してるね!

21601.gif
posted by metoo at 15:49| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする